カテゴリ:ニュース( 3 )

2013年 10月 30日
fuwamomo
友だちがネットショップをオープンしました♪
手作りアクセサリーのお店です。

fuwamomo's GALLERY

よかったらお立ち寄り下さいな。(^^


d0175698_17583230.jpg


by scotch01 | 2013-10-30 11:25 | ニュース
2012年 03月 21日
トモダチ作戦
以下、Yahoo!ニュースから引用

奔走した日本人女性医師「被災地へ薬を」米軍に直接交渉
産経新聞 3月18日(日)7時55分配信

■祖母の悲報乗り越え任務遂行

 ※1東日本大震災では米軍による支援活動「トモダチ作戦」が大きな成果を上げたが、その先駆けが被災地への医薬品の輸送だったことはあまり知られていない。東京・本駒込の日本医師会(日医)に医薬品が集まるめどが立ったのに、輸送手段が見つからない。厳しい局面で機転を利かし、米軍に直接交渉したのは、米ハーバード大学の人道支援組織の一員として派遣された有井麻矢(ありい・まや)医師(31)だった。(河合雅司)

 ※2東震災発生から1週間もたたない昨年3月16日。被災地から「医薬品が足りない」との声が日医に相次いでいた。製薬各社の協力で確保できたが、問題は膨大な量をどう迅速に運ぶかだった。期待した航空自衛隊から色よい回答を得られず、落胆が広がった。

 「米軍に協力要請できるかもしれません」。声を上げたのは、たまたま居合わせた有井だった。

 当時、米エール大学に所属していた有井が、人道支援組織「ハーバード・ヒュマニタリアン・イニシアティブ」のメンバーとして一時帰国したのは前日15日だ。初対面の有井の提案を日医幹部は即座に受け入れた。

 有井は「絶対に成功させよう」と腹をくくった。

 ◆逆に「アリガトウ」

 米国を出発する前にエール、ハーバード両大学の同僚らから紹介された人々に電話やメールを送り続け、18日未明、米国大使館から返事が来た。※3交渉の末、米軍機による輸送は19日と決まった。

 「アリガトウ」。連絡を取り合っていた米軍担当者からの言葉に有井は戸惑った。自分たちが頼んでいるのに、なぜ感謝されるのか。医薬品輸送は大震災発生後、横田基地からの支援としては初めての大型作戦だった。米軍も活躍の場を求めていたのだと感じた。

 アクシデントが起きたのは輸送前日だった。横田基地からのメールには「USAID(米国際開発局)が最終的に承認しなければ、われわれは動けない」とあった。輸送要請の申請書を記入してほしいという。寝耳に水だった。急ぐしかない。夢中で書類を書き、1時間後にゴーサインが出た。

 出発当日の朝、米軍と最終連絡を取っていた有井に母親から電話が入った。祖母が亡くなった知らせだった。輸送機には英語が堪能な有井が1人同乗することになっている。「しっかりしなければ」。5分ほど一人トイレで泣いた。

 ◆各部署の総力結集

 集まった医薬品8.5トンは、横田基地までパトカーが先導した。横田基地でも特別扱いだった。ゲートはノーチェック。荷降ろし、梱包(こんぽう)、輸送機に積み込む作業にはさまざまな部署から何十人もが駆けつけた。

 「私たちはオバマ大統領に日本の人道支援のためにと集められたチーム。人命を助ける作戦に参加できてよかったです」と口々に語った。米軍兵士の表情は誇りに満ちていた。

 輸送機は岩手県の花巻空港に無事降り立った。しかし、次に向かった仙台空港は闇に包まれ着陸できない。管制塔とのやりとりが緊迫感を増す中、誘導の明かりがともった。自衛隊だった。自衛隊は降ろされた医薬品を被災地に陸送する任務も引き受けた。

 数日後、有井の姿は宮城県気仙沼市の被災地にあった。そこには医薬品だけでなく、食料や水、トイレが足りず、プライバシーが確保できていない避難所が広がっていた。

 当時を振り返って有井はこう語る。※4「災害医療では、医療や薬だけでなく、公衆衛生を含めて現地ニーズを迅速に把握し、対応できる協力体制が必要。知識とトレーニング、そして行政との連携が重要です」(※敬称略)



以上、引用


まずこの記事を読んで、『何を狂った事の書いているんだ?』と迷いよりも怒りが沸き上がって来た。まずは※1について。今回の報道された行動が、オペレーション・トモダチの先駆けだという事だ。先を読んでみよう。次に※2だ。3/16の段階で米軍に協力が求められるかもと提案している。しかしだ。オペレーション・トモダチは3/11震災当日夜には既に発動され、西太平洋地域に展開してきていた空母ロナルド・レーガンに消防等のヘリの活動支援の為に出動を要請。31MEUを載せた強襲揚陸艦エセックスは3/11にマレーシアのコタキナバルに寄港したばかりだったが、夜には出港の準備を整えていた。第7艦隊の旗艦ブルーリッジも3/11の午前にシンガポールに寄港たばかりだったが、独自に全ての乗組員を招集し、人道支援・災害支援キットを積み込み、出港の準備を整え済み。佐世保に係留されていたドック型揚陸艦トーテュガも上陸用舟艇を艦載し出港の準備を整えていたのだ。ではなぜ3/16に空自から色よい回答が得られなかったのか。それはまだ『仙台空港』も『松島基地』も固定翼機の着陸が出来る状況ではなかったからである。この状況を打開したのは米空軍353SOGのMC-130Pが大雪で視程確保が困難な中、地形追随レーダーを使用して強行的に松島基地に着陸したのが16日の事だった。353SOGのクルーと自衛隊員で陸路仙台空港まで行き、滑走路などを利用出来る様にしたのである。よって※3にあるように空軍輸送機による輸送が可能となった。この記事で航空自衛隊は使い物にならず、オペレーション・トモダチは自分がきっかけだと思い込んでいるこの勘違い者には申し訳ないが、地震発生直後から航空自衛隊も動き回っている。茨城県百里基地航空救難隊が現場に飛んでいる。松島救難隊は救助に出たくとも機材全てが津波の餌食になっていた。しかし百里救難隊の到着で、合流し救助活動に参加している。米軍や自衛隊の救難機には赤外線による捜索が可能な為、浜松基地から飛行管制隊のE-767が24時間空域管制をしていたという。九州新幹線開通イベント参加の為に難を逃れた第11飛行隊“ブルーインパルス”も展開中の福岡県芦屋基地から輸送機で埼玉県入間基地まで移動し、陸路地元松島基地へ入り救助活動に参加している。初動25,000人が少ないと文句を言う専門家がニュースでほざいていたが、何の装備も無く指揮系統が確立出来ていない所に最初から全自衛官の半数を超える100,000人なんざ入れられたらパニックになるんですよ。だからこそ、装備を整えて各部隊は被災地に向けて出発していった。唯一賛同出来るのは最後の※4だけかもしれない。

今の記者と言うのは裏付け取材とかしないんだろうか?こんな記事は、判ってる私らが読めば『馬鹿な事を』と思うけど、一般の人は一言一句信じてしまうだろう。報道よ、これでいいのか?!






by scotch01 | 2012-03-21 04:20 | ニュース
2012年 03月 16日
政府専用ジャンボ機退役へ
Yahoo!ニュースより

政府専用ジャンボ機退役へ、後継にB787浮上
読売新聞 3月16日(金)14時41分配信

 政府は政府専用機として1991年に初めて導入したジャンボ機「ボーイング747-400型」2機を2018年度に退役させる方向で調整に入った。

 国内大手航空会社の機種変更で、国内整備が難しくなるためだ。後継には、最新鋭の中型機「ボーイング787」の導入論が浮上している。

 政府専用機の整備を請け負う日本航空は、747型機を昨年度で退役させた。全日空も同型機を退役させる方針のため、政府は現行機維持は難しいと判断した。

 後継に浮上している787は、全日空が昨年11月から営業運航を開始し、日航も導入を進めている。国内で安定的に整備が受けられ、省燃費で航続距離が大型機並みの約15,000kmを確保できる。部品の約35%が日本製という「準国産機」である点も、政府内で評価が高い。1機200億円程度で、2機購入で400億円以上かかる見通し。



いいんじゃない?国産率も35%あるんだし。B787-9なんかいいと思うよ。今年秋に名古屋の『ポートメッセなごや』と『中部国際空港“セントレア”』である『JA2012 国際航空宇宙展』でB787-9の実機持ち込んで日本政府に売込みしたらいいのに。


BOEING B787-8 N787EX/ZA002
d0175698_21132257.jpg
d0175698_2059336.jpg
d0175698_2057229.jpg
d0175698_20575893.jpg
d0175698_20574325.jpg


NH/ANA B787-881 JA801A
d0175698_21042.jpg

NH/ANA B787-881 JA802A
d0175698_211255.jpg
d0175698_211567.jpg

NH/ANA B787-881 JA807A
d0175698_2115114.jpg
d0175698_212654.jpg


BOEING B787-8 N787FT/ZA005
d0175698_21234100.jpg
d0175698_213493.jpg
d0175698_2131527.jpg
d0175698_2133193.jpg


ざっとB787の写真をアップしてみた。







 ニコンD800E発表!2012年4月12日発売予定

 Nikon D800E

 マルチパワーバッテリーパック MB-D12





by scotch01 | 2012-03-16 21:06 | ニュース